20do

Post

インタビュー

就職して1年半。 警備の難しさ、面白さとは。

2019.08.07

前川倫寛(まえかわともひろ)

学生時の経験が
生かせる仕事と感じて

 説明会で興味を持てたのがこの会社だけだったのが入社の決め手です。大学時代はウエイトリフティング部に所属し、大会運営などにも積極的に関わっていました。何ごとも自分から率先してやるところが私の長所です。やる気があればどんどん仕事を任せてもらえますし、実践しながら成長できるところはウエイトリフティングと似ているかもしれません。また、現場の意見がすぐに取り入れられる風通しの良さも気に入っています。

「仕事のモチベーションは、趣味で集める靴を買うこと」と前川さん

コミュケーション力で
人を動かす難しさ

 宮崎営業所に所属し、統制課での警備の配置と営業が主な仕事です。依頼がまとまると、人員を確保して送り出しますが、私よりも何倍も年上の人に指示を出すことになるため、時には「そこには行きたくない」などのわがままに振り回されることもあります。個性が強い警備員を動かすには、コミュニケーション力が求められますが、時と場合に応じて、主張をかなえられるときにはこちらが折れるなど、しっかり話を聞いて解決しています。

「広告代理店などいろいろな業種の人と知り合えるのも面白い」

大きなイベントを
任されるときの達成感

 「まつり宮崎」など大きなイベントは、一帯全部を自分たちが支えているという使命感で気分が高揚します。大人数を動かすからこそ、基本的な警備の考え方に行き違いがないか、配置した持ち場に全員がいるか、時間通りに動いているかなど、常に確認を強いられますし、指示通りに動いているか最初から最後まで気を抜けません。道路規制5分前なのに、持ち場に誰もいなかったということもあります。難しいからこそ達成感は格別です。

イベント警備や交通誘導、列車見張り、施設警備などさまざまな警備に対応

続けることで見えてくる
仕事の面白さ

 営業して獲得してきた仕事には、警備員全員に分からないことがないように伝える努力をしています。今は警備員だけに指示していますが、統制する立場の人も動かすような広く現場を見る立場に成長したいですし、資格試験も挑戦していきます。入社当初は学生感覚が抜けませんでしたが、仕事を続けることで社会人としての自分の振る舞い方が分かってきました。就職活動中の学生には、どんな仕事も1年続けてみようとアドバイスしたい。

入社当初は朝が苦手だったが、大音量の目覚まし時計を購入し解決

前川倫寛
【プロフィール】
平成7年生まれ、宮崎市出身、九州国際大学卒業。
平成30年4月入社。宮崎営業所所属。

株式会社セキュリティーロード
【会社概要】
業種:サービス業・警備
設立年月:1987年11月
所在地:宮崎市祇園3-179
公式ホームページはこちら
20do企業図鑑はこちら

関連記事