20do

しごと

緑と安らぎを与える 庭造りをお手伝いのイメージ画像

15

2019.11.18

インタビュー

緑と安らぎを与える 庭造りをお手伝い

会社訪問してピンと来ました!

 大学は県外に行きましたが、慣れ親しんだ宮崎の環境や人の温かさが長所として見えてきたこともあり、就職は地元に戻りたいと思っていました。最初は大学で学んだ英語を生かしたいと考え、宮崎市周辺の企業を当たってみたのですが、なかなかピンと来なくて…。いろいろな会社の説明会に行くうちに当社を知り、実際に訪れてみると緑が多くて落ち着いた雰囲気で、こんなところで仕事がしてみたいと思いました。

お客さまの庭まわりの問題を解決するのが仕事です

提案した庭が形になる手応え

 今の仕事はガーデンプランナーで、営業職です。お客さまからお聞きしたご要望をもとに、実際に現地を測量してプランを考えます。それを設計担当に回して、上がってきた図面を持って改めてお客さまのところへ。OKが出たら、現場にも足を運びながら、引き渡しまで携わります。職人さんの手配や全体の段取りも気が抜けません。それでも、自分が提案した庭が形になっていくのを見るのはやりがいがありますし、緑と安らぎを実現できる素敵な仕事だと思います。

齊田さんのプランから設計した図面

仕事の効率化でオフも充実

 最初の頃は、プランの提案など思った以上に時間がかかったりして、残業が多かったです。今は会社の方針もあり、時間を有効に使うことを意識して、上司も交えてみんなで効率化を図っています。おかげで残業も減り、社内全体で時短が目に見えるようになりました。休日やオフの時間は、友達と食事に行くのが楽しみ。また、ダンスが趣味なので、学生時代の仲間と今でも仲良く汗を流しています。

イベントステージで仲間とダンスを披露(前列左から2人目)

腕を磨いて上を目指したい

 常にお客さまの目線で仕事をすることをモットーにしています。最初ガーデンプランナーになったばかりの頃は知識も乏しくて、お客さまに1人で接するのが不安だったこともありましたが、メーカーの講演会に足を運んだり、月に1回社内のガーデンプランナーが集まる研修に参加するなど、勉強を続け、6年目の今は自信を持って仕事ができるようになったと思います。今後、ガーデンデザインのコンテストにも出品できるよう、もっとデザイン力を磨きたいと思っています。

齊田さんが店長を務めるガーデン光房生目店

 

齊田優花(さいたゆか)
【プロフィール】
平成3年生まれ、宮崎市出身。熊本県立大学卒業。
平成26年4月入社。ガーデン光房生目店店長。

株式会社サン・ホーム ガーデン光房
【会社概要】
業種:その他(エクステリア、造園)
設立年月:昭和54年
所在地:宮崎市大字長嶺613-1
公式ホームページはこちら
20do企業図鑑はこちら