20do

しごと

好きなモノづくりを 仕事に生かしてのイメージ画像

18

2019.12.06

インタビュー

好きなモノづくりを 仕事に生かして

学んだ機械技術を生かす仕事

 親が整備士だったこともあり、子どもの頃からモノづくりが好きでした。学校も機械工学科に進み、設計などの勉強をしました。就職を考える際もやはり学んだことが生かせる製造業で、勤務地は住み慣れた宮崎を希望。通勤ラッシュなどもないし、自分に向いていると思ったからです。当社を知ったのは学校で行われた会社説明会で、話を聞いた後、会社見学、インターンシップを経て決めました。

機械に触っている間は集中する時間

作業効率と操作性を上げる設備を

 現在の部署は生産技術課で、車の部品を組み立てるための機械を作っています。必要な部品を工場で量産するためにどう組み立てるか、他部署と連携しながらCADで図面を描き、設計した機械設備を作って工場に設置します。実際に使う現場(工場)の人の意見を聞いて、作業効率を上げるための策を考えることも大事な仕事で、上司からも「現場に行くこと」は常に言われます。試行錯誤を重ねた設備が、現場で「使い勝手がいい」と評価されると、とても嬉しいです。

部品の動作確認中

丁寧に仕事に向き合うのがモットー

 自分の性格は控えめな方だと思っています。もっと大胆になれればいいかなと思う時もありますが、周囲との調和を図りながら丁寧に取り組むことができるのは、自分がこの仕事に向いている部分じゃないかと思います。ただ、のんびりしていては納期が守れないので、早めに段取りをするよういつも心がけています。難しいんですけど…。
 勤務はほぼ定時に終わります。土日も休みなので、1泊2日で県外へ旅行やライブに出かけるのが何よりの楽しみです。

先輩からの指導を受けながら

海外工場も視察してスキルアップを

 最近、ベトナムの拠点にある工場へ出張してきました。目的は、自分が作った設備が海外でどうやって使われているのかを見ることです。初めての海外出張で、緊張もしましたけど、学ぶことがたくさんありました。ベトナムの人たちは向上心が高く、設計の勉強もよくされていて、独自の改善をしていました。自分も、海外を含めて技術者の先輩たちが作り上げてきた設備をもっと見て、誰にとっても使いやすい、操作性のいい設備を作っていきたいと思います。

海外7カ国に生産拠点を持つホンダロック(本社外観)

 

黒木拓雄(くろきたくお)
【プロフィール】
平成6年生まれ、宮崎市出身。都城工業高等専門学校卒業。
平成27年4月入社。生産技術課所属。

株式会社ホンダロック
【会社概要】
業種:製造業
設立年月:昭和37年4月
所在地:宮崎市佐土原町下那珂3700番地
公式ホームページはこちら
20do企業図鑑はこちら