20do

しごと

つくりたいモノを 開発できる幸せのイメージ画像

20

2019.12.23

インタビュー

つくりたいモノを 開発できる幸せ

身近なモノを
つくれるのが魅力

 大学では車のエンジンなど金属加工を専門に勉強しました。卒業後は学んだ知識を生かし設計にも関わりたいと、開発を行っている会社を探したら、たまたま自分の地元にあったんです。東京近辺では、ICチップなど見えない部分を扱う会社が多いのですが、当社では会員カードやプリペイドカードを読み取る「カードリーダー」など生活に身近なものを扱っています。人に説明したときに、すぐ分かるものをつくっているところもいいなと思いました。

「子どもの頃から知っている会社が、自分のやりたいことをやっていた。ラッキーでした」と黒木さん

ゼロから商品を生み出す力

 当社は、九州内では数少ない自社オリジナルで商品の開発・製造を行っているメーカーです。大手が扱わないようなニッチな商品の開発を手掛けていますが、ソフトウェアや電子基盤の設計まで、自社で全てをこなすところは少ないと思います。現在はカードリーダーライターを中心に、医療や介護分野で役立つロコモティブシンドローム測定機器や、セキュリティー分野の金庫付き紙幣識別器など、新しい商品開発にも挑戦しています。

主力事業のカードリーダーライター(写真は磁気カード用)。30年以上の実績がある

試行錯誤できるから毎日飽きない

 現在は開発部で、クライアントに渡す前の製品の試験と評価を主に担当しています。暖かい所と寒い所で正確に作動するかなどをチェックしていくのですが、当然エラーが出ることもあります。そんなときに、原因を考えて講じた対策がうまくいくとうれしいし、失敗すればまた違うアプローチを考えます。エラーが全て同じ理由で起こる訳ではないため、その都度、試行錯誤して答えを探っていきます。新商品の開発にも関わっており、毎日が充実しています。

三次元CADの設計図を見て、どこに原因があるのかを確認

福祉関係の働き方改善に役立ちたい

 仕事では室内にこもることが多いので、退社後に筋力トレーニングやサッカーで体を動かし、休日はリュック一つで山に入ってキャンプをする「ブッシュクラフト」を楽しんでいます。携帯電話を持たずに行くので、すごくリラックスできます。フレックス制が導入されていて社風も自由なので、趣味に時間を使いやすい環境です。開発系は自分の興味があるものをつくれる仕事。将来的には福祉関係の製品を開発して、働き方の改善に役立ちたいと思っています。

リュック一つで山に入る「ブッシュクラフト」は、今一番黒木さんがはまっている趣味

 

黒木丈生(くろぎともなり)
【プロフィール】
平成7年生まれ、宮崎市出身。拓殖大学卒業。
平成31年4月入社。開発部所属。

三和ニューテック株式会社
【会社概要】
業種:製造業
設立年月:昭和45年4月
所在地:宮崎市清武町正手1-11-1
会社のHPはこちら
企業図鑑はこちら