20do

  • Twitter0
  • facebook125
  • LINE

3/4(土)@東京・3/5(日)@大阪-学生から大人まで!「地方」で働くことを一緒に考えるイベントを開催

若者応援 - 2017.03.01

2年連続で移住希望ベスト10入り

""

 先日20日、東京の有楽町にある交通会館を拠点に移住希望者と自治体を繋ぐ活動を行っているNPO法人「ふるさと回帰支援センター」(東京)は、2016年の移住希望地域ランキングを発表しました。宮崎県については、2年連続でベスト10入り(10位)という結果でした!移住相談者の傾向としては、20代~40代の若い世代が増えてきており、移住先選択の条件の項目でも、「就労の場があること」が「自然環境が良いこと」を初めて上回った結果となった。他のランキングしている自治体を見ても、移住先として「地方都市」を希望する人の割合が増えてきており、就労環境も意識しながら、地方で生活する「地方暮らし」に注目が集まっている。

ふるさと回帰支援センターHP

地方・宮崎で「働くこと」を考える時間に

""

 3月4日(土)に、SENQ霞が関(東京都)で「地方で幸せに働く方法」と題し、慶應義塾大学大学院教授の前野隆司氏に講演をいただきます。また、全国で地域のしごとづくりに携わる地域プロデューサーの齋藤潤一氏を交えて、語らう場を設けています。

Facebookページ(東京開催)
""

 3月5日(日)には、大阪ユビキタス協創広場CANVAS(大阪府)で「地方で自分らしく働く方法」と題し、プロブロガーのイケダハヤト氏に講演いただきます。また、齋藤潤一氏に宮崎からのゲストを加え、宮崎のリアルを具体的に語らう場を設けています。

Facebookページ(大阪開催)

なぜ、地方、そして宮崎に注目が集まるのか

 数ある地方都市の中で、なぜ今宮崎に注目が集まっているのか。外に出たから気づけた宮崎の魅力、逆に気づくことのなかった宮崎の魅力。また、地方、そして宮崎のことをもっと知りたかったなど、それぞれの想いを共有する空間に参加してみませんか。参加費は、両日とも無料となっています。学生から大人まで気軽にご参加ください。皆さまのお越しをお待ちしています!