20do

ひと

アフタヌーンティーは青プラで Vol.1のイメージ画像

78

2020.03.19

対談

アフタヌーンティーは青プラで Vol.1

宮崎で働くということ 結論。みんな、楽しんでる!!

トークセッション最終回!
個性とツッコミがさく裂!

 今回のトークセッションは、市内で働く男女5人に集まってもらいました。全員が20doの「しごと」に登場している社会人。バレンタインデー明けの2月15日、「青少年プラザ」では、もらった(あげた)チョコも溶けそうな熱いトークが繰り広げられました。
 コーディネーターは、テレビやラジオで活躍中のフリーパーソナリティー・児玉真美さん。メンバーの個性と児玉アナのツッコミがさく裂し、笑いに包まれたトークセッションの模様を3回にわたってお伝えします。

メンバー紹介*年齢は2月15日時点のものです。

コーディネーター

自己紹介がとまらない!
こんな5人がなぜ集まった!?

児玉 皆さんこんにちは。今回のトークセッションは「宮崎市で働くということ」について意見を交わしていきたいと思います。
その前に、「青少年プラザ」について紹介させてください。ここは15歳から40歳までの社会人が趣味やスポーツを楽しむことができる施設です。いろんな講座も行っていて、卓球やヨガ、フラダンスなどのスポーツ系や、料理や英会話、生け花、ギターなどの趣味・教養系の講座を開催しています。講座以外でも体育館や調理実習室など有料で利用することができます。気分をリフレッシュしたい、仕事以外の仲間をつくりたいという人はぜひ利用してみてください。

宮崎大宮高校の隣にある「青少年プラザ」は意外と知られていない穴場施設。友達や趣味を増やしたい人にオススメ

児玉 では、皆さん初めましての人ばかりだと思うので、自己紹介からしましょうか。まずは黒木さんから。
黒木 黒木丈生です。カードリーダーライターなどを中心に、商品開発から製造まで行っている「三和ニューテック」でエンジニアとして働いています。
児玉 そうするとお仕事はデスクワークが多いんですね。その割には素晴らしい身体ですが、その筋肉はどこで作られたんですか?
黒木 もともと大学でサッカーをしていて、その合間に筋トレをしていたのですが、すっかりハマってしまって。それで気づいたらこんなになっていたという笑。
全員 (爆笑)
児玉 素晴らしい仕上がりですね。趣味が「ブッシュクラフト」と20doで紹介されていましたが、一体何?
黒木 リュック一つで一人で山に行って、火起こしから始めるアウトドアの一つです。みんなでワイワイ楽しむキャンプと違って、どちらかと言えばサバイバルというか、山ごもりに近い感じですかね。
全員 へー。

清武にある山でブッシュクラフトをしたときの1枚。非日常の空間で気持ちをリフレッシュさせるのだそう

児玉 とても興味深いですね。では正岡さんどうぞ。
正岡 正岡夏海です。宮崎観光ホテルのフレンチレストラン「ディアマンルージュ」のホールスタッフと、併設されている「リビバー」のバーテンダーをしています。出身は北海道江別市です。大学進学で宮崎に来たんですけど、すっかりほれ込んでしまってそのまま就職してしまいました。
児玉 北海道と宮崎では全然違うでしょ?
正岡 はい。いろんなカルチャーショックを受けました笑。

お酒の中でも特にウイスキーが好きな正岡さん。写真は大阪のサントリー山崎蒸溜所で試飲したウイスキー

児玉 その話はまた後ほどうかがいましょう!続いて日髙さん。
日髙 日髙理沙です。宮崎銀行の人事部で、採用の仕事をしています。企業説明会などで宮崎で働く魅力や、銀行の仕事の面白さを伝えています
児玉 コスメ収集が趣味なんですよね。
日髙 はい。その日の気分でメイクを変えることが楽しくて学生時代からいろんなコスメを集めて、メイクの研究をしています。
児玉 メイクにどのくらい時間をかけるの?
日髙 仕事の時は清潔感のある自然なメイクを心掛けているのであまり時間もかけないのですが、休みの日は1時間くらいかけますね。こだわり始めるとキリがなくて…。

日髙さんお気に入りのコスメたち。新作コスメの情報は必ずチェックしているという

児玉 そっかぁ。私はメイク時間5分なので、見習いたいです!では次は佐土原さん。
佐土原 株式会社オー・エム・シーで働いています佐土原彰馬です。「佐土原(さどわら)」と書いて「さどはら」と読むんですけど、なかなか覚えてもらえなくて。なのでいつも自己紹介の時には「腹が出ているから、さど『はら』と覚えてください」と言っているんですけど…、あれ?全然ウケないですね?
児玉 皆さ~ん、笑うところですよ~。
全員 (爆笑)
佐土原 仕事は自治体向けのシステム開発と運用がメインです。自分は現在、市役所に出向いて、税制関係の法改正の対応やパソコンのバージョンアップ、データ入力のサポートなどをしています。昨年入社したばかりなので、日々勉強中です。
児玉 いろんなシステムを裏で支えてくれているんですね。ところで、特技が「ボイスパーカッション」ということなんですけど。
全員 えー!!
児玉 聞きたいですよね!
全員 うんうん。
佐土原 かじった程度なんですけど…。ではいきます!(ボイパを披露。編注:お聞かせできないのが残念。本当にハイレベルでした!)
全員 うわー!すごい!(拍手)

自己紹介シートの趣味・特技の欄に「かじった程度のボイパ」と書いていた佐土原さん。次からは「かじった」を省きましょう(児玉アナ談)

児玉 では田中さんどうぞ。
田中 田中彩華です。イオンモール宮崎の近くにある「寿司虎」で接客をしています。入社して3年目になり、今は後輩の育成がメインです。今日のこのような出会いも大切にしたいと思っているので、よろしくお願いします。
児玉 お客さまとも仲良くされてるんですよね。
田中 はい。年配のご夫婦とかに「キムチ鍋食いに来ないよ~」と誘っていただいたりするので、日にちが合えばお邪魔したりすることもあります。

周りをぱっと明るくしてくれる田中さんの笑顔。優しい口調と合わさって、癒やされる♪

児玉 田中さんのその笑顔と人柄がそうさせるんでしょうね~。
では最後に私の自己紹介をさせてください。フリーパーソナリティーの児玉真美です。温泉で有名な大分県の別府市出身です。現在35歳で、6歳と3歳の子どもがいます。ラジオやテレビの仕事のほかに、イベントの司会やCMのナレーションをしたりしています。今日は皆さんと楽しく話ができたらなと思っています。よろしくお願いします。

実はミス別府だった児玉アナ。元気一杯のトークを楽しみにしているリスナーも多い

Vol.2へ続く。。。