20do

ひと

アフタヌーンティーは青プラで Vol.2のイメージ画像

79

2020.03.25

対談

アフタヌーンティーは青プラで Vol.2

宮崎で働くということ 結論。みんな、楽しんでる!!

就職の決め手は
家族や家族のような存在

児玉 宮崎で就職した理由を聞かせてもらえますか?
田中 一番は家族が近くにいることです。小1の弟がいるんですけど、就職を考えたときに、弟のそばにいたいなぁという気持ちが強かったです。
児玉 家族が近くにいるというのは大きいですよね。佐土原さんはどうですか?
佐土原 自分は小さい頃からおばあちゃん子だったので、ばあちゃん孝行したいと思って就職しました。
児玉 おばあちゃんに会ったりしています?
佐土原 週末に帰って、鹿児島とかに二人でドライブデートをしたりしています。
全員 優しい~♡
児玉 おばあちゃんは絶対うれしいですよね。日髙さんは県外の大学に進学したんですよね?
日髙 はい。生まれも育ちも宮崎なんですけど、大学は関西だったので、どちらで就職するかすごく迷いました。ですが結婚や出産を経験しても仕事は続けたいと考えていたので、そうなったときに親が近くにいる地元の方が安心かなと思い、宮崎を選びました。

児玉 私は実家が大分で離れているので、夫の両親や親戚にお世話になる機会が多いんですけれど、家族に助けてもらいながら仕事ができる環境っていいですよね。
日髙 そうですね。その方が安心して仕事にも集中できると思います。
児玉 正岡さんはどうですか?
正岡 皆さんの話を聞いていると、私がとても親不孝みたいな感じなんですけど笑。
児玉 そんなことないですよ!
正岡 私が宮崎で就職を決めた理由は2つあって。1つ目は気候です。北海道では冬になると、毎朝5時に父に起こされて、雪かきをして学校に行っていたのですが、それが本当に辛くて。宮崎に来て「雪降らないんだ!」とびっくりしました。朝ゆっくり起きれるし、冬でも自転車で移動ができるので暮らしやすいですね。

正岡さんの実家の庭で降り積もった雪と戯れる愛犬

児玉 宮崎人が気づきにくい良さですね。
正岡 2つ目は人とのつながりです。大家さんをはじめ、宮崎に来て出会った人が優しい人ばかりで、その人たちの存在も宮崎で就職する決め手になりました。
児玉 素敵ですね!宮崎にも家族ができたという感じですね。
正岡 はい。お父さんもお母さんもたくさんいます笑。
児玉 黒木さんはどうですか?
黒木 東京の大学に進学したんですけれど、都会の人は他人に興味がないという感じで。宮崎は優しい人が多いし、家族もいるので戻ってきました。長い目で見たときに、子育ては都会より宮崎の方がいいと思ったことも理由の一つです。自分が自然に囲まれて育ったので、子どももそんな環境で育てたいなと。
児玉 皆さんそれぞれの考えがちゃんとあって、宮崎での就職を決めたんですね。

仕事は全力で!
その姿がかっこいい☆

児玉 仕事をする中で、モットーだったり心掛けていることはありますか?私のモットーは「やるときはとことんやる」。ラジオのトークでモノマネを振られようが、全身レディー・ガガでイベントに出ることになろうが「恥ずかしがらない!誰が何と言おうとやり切る!」ということを決めています。あとテレビやラジオの向こうには多くの視聴者がいるので、人を傷つけることがないよう、発言には気をつけています。

レディー・ガガに扮したのは、なんと産後2カ月のときだったそう

正岡 私は自分の行動がお客さまにどう思われるかを常に意識しています。フレンチレストランなので、基本的にお箸はないのですが、高齢の方や小さいお子さんには必要な場合もあります。ですが持っていくとかえって失礼なときもあるんですね。なのでお客さまの様子や状況をちゃんと見極めて行動するようにしています。

児玉 かっこいい!プロですね!
黒木 自分の仕事は納期が絶対なので、正確性と責任感を持って取り組むということを大事にしています。企業から依頼される仕事はかなりのボリュームがあるので、設計に時間がかかったり、不具合が出てしまったりすると納期が遅れる上に、その次の仕事にも影響してしまいます。なのでリスクマネジメントやタイムスケジュールの管理をちゃんとするようにと職場でも言われています。
児玉 なるほど。とても大事なことですよね。田中さんは、仕事のどんなところにやりがいを感じていますか。

田中 新入社員やアルバイトの学生の中には接客業が初めてという人も多いので、「いらっしゃいませ」の言い方から表情まで一つ一つ丁寧に指導しています。教えたスタッフから仕事が楽しいと言ってもらえたり、お客さまアンケートで接客が良かったと指導したスタッフの名前が書かれたりすると本当にうれしいです。
児玉 後輩を育てるのは大変でしょうけど、やりがいもありますね。
田中 毎年10月に全店舗が集まって決起大会があるのですが、それぞれの店舗で優秀社員を決める投票で私が選ばれた時は、この仕事をやっていて良かったなぁと思いました。
児玉 すごいじゃないですか!職場のスタッフからの評価というのはすごくパワーになりますね。仕事のモチベーションアップにつながるいい取り組みですね。日髙さんはどうですか?
日髙 銀行は、高校生や大学生にとっては意外と馴染みのないところなので、企業説明会では、銀行と暮らしとの関わりを分かりやすく伝えるようにしています。説明後に「そうだったんだ!」と笑顔で納得してもらえるとうれしいですね。
児玉 佐土原さんはどうですか?
佐土原 税金関係のシステムを担当している上司が、自分が作業をした納入通知書が家に届いてうれしかったという話をしてくれたことがあります。もう少ししたら、自分が関わっている仕事が形になって、いろんな人の手元に届くと思うので、楽しみにしています。

頼りになる職場の先輩たちと。休日にみんなでバーベキューを楽しむことも(左下が佐土原さん)

児玉 頑張ったものが形になって、多くの人の目に触れると思うと、やりがいもひとしおですね。

Vol.3へ続く。。。